すいれんの日常

《夢日記》危機迫る

2021/07/04
日記
旦那は高校からの縁。
いままで様々な経験を近くで見てきた。

私は、昔から突然たおれるように寝るクセがある。
カーテンをシャッと閉じるくらいの速さ。
でも、すぐに目が覚めて変な事を言う。
旦那にイロイロ伝えて驚かれる。
彼は否定せず聞いてくれるから。
体験したことを伝えて感情共有する。
毎回、2人で笑って終わる。
ヘンな寝言だと思い軽く考えていた。

現在は旦那に伝えるかわりに簡単に記録に残せる。
と、実感した出来事があった。

7月3日午前中
また突然の睡魔に襲われ
ウトウト寝ていたら
「おい!笑ってる場合じゃないぞ。」
「早く知らせろ、急げ早くしろ。」
低い声のおじさん達に起こされた
気付いたらパソコン操作してて
無意識にツイート
capture20210717-230341.png

▲Twitterのスクショ画像

おじさん達から
個人情報消すように
指示もあった(笑)
E5VgiPHVIAAJqh7_202107172346214b6.jpg


去年の10月に父が亡くなる時に起こされてから、しばらくは途絶えていたから。
久々に脅迫めいた怒鳴り声を聞いてビビった。
目が覚めて数分、呆然としたくらい。

よくよく考えてみたら
子供の頃から
見たことも無い風景がみえたり
知らない人の声が聞こえたりする

子供の頃は、何かあれば母に報告してた
母は毎回パニック状態で騒ぎ立てる人だった
「それは重病で病院に長いこと隔離される状態
 だから誰にも言うな!」と強く言われてた
母の言うように、ほんとうに病的な問題なのかもしれない
理解できない事は何でもかんでも病気にしたがる母。
そんな母が何度も病院へ迷惑かけているからトラウマだ。

私は現在大人なので、何かあれば自己判断で病院へゆく。
いまのところ、生活に支障が無いから病院に行かない。
幸い、私の行動を悪く言う人も居ない。
実のところ、長女は似た現象を体験してる。

今後は何か体験したらパソコンからツイートして
その補足記事をブログへ記録してゆこうと考えている。
スマホからツイートすると個人情報を気付かず流しそうで怖い。
ブログの内容は何度も読み返して修正すると思う…

おじさん達が願っている行動が出来てるかな?
って毎回かんがえてしまう。
モタモタするから発信に時間かかるし…
私のような目立たない存在よりも
影響力のある存在に言えばイイのにって思う。

MIYA160101530053_TP_V4.jpg

↑クリックすると順位あがります♪