すいれんの日常

《過去》三度目の正直(再々婚)

2021/07/05
過去
旦那と再々婚するまでの話を書き残します。
(かなり長い話になります)
555.png
高校へ入学してすぐのこと。
隣クラスにいた友人の席の後ろにいた男子が今の旦那。
美男子だったから、思わず話かけてしまった。
予想よりも話が弾み、驚いた記憶がある。
それから、私がよく利用していた図書室にもいたので話すようになった。
あと、早朝に受ける勉強会も一緒に参加してた。

私は早朝と夕方にアルバイトしてて、毎日忙しくしてたけど
勉強会前に学校近くの海で朝食をとる習慣があり
その時間も一緒に過ごすようになっていた。

まさか恋愛感情あるなんて考えもしてなくて
ハッキリ言われるまで、普通の友達と思っていた…
それから高校3年と大学1年の約2年間、お付き合い。
私が大学生のときは遠距離になったけど
毎週末かならず少しの時間だけ一緒に過ごしていた。
でも、将来すすみたい道が違いお別れ。

それから私は2回結婚と離婚をした。
2回とも高校時代の人とは接点の無い方が旦那でした。

人生いろいろ起こりまして…

33歳のとき、沖縄で長女を抱えシングルマザー生活をしていた。
その期間に今の旦那と連絡を再びとるようになった。
神奈川県に転居したくて、相談の電話をしたのが最初でした。
相談してゆくうちに一緒に暮らす話になった。

私の長女は最初警戒していたけど
すぐに仲良しになれました。
2年同棲、それから籍を入れた。

私は再々婚だけど旦那は初婚。

突然、娘ができたけど
何でも真摯に向き合ってくれた。
子供や家族の未来を真剣に考えてくれたり。
体調不良になりやすい私を気遣ってもくれた。
夫婦なら当たり前だと他人は言うけど…
3度目で初めての経験だった。

それから40歳で次女を授かり高齢出産。
旦那は、出産のとき1週間の育児休暇取得してくれた。
長女の面倒もみて、毎日、産婦人科にも訪れた。
近くに頼れる親類がおらず心配してたけど、大丈夫だった。
有難くて、感謝の気持ちがあふれて嬉し泣きしたくらい。

とても遠回りしたけど
慈悲深く、優しさ溢れる人と出逢い
そのうえ一生寄り添える関係になれたことは
私の人生で一番の宝であり、はじめてのご褒美だ

いまは、娘達の成長を一緒に感じ喜び
ユーモアあふれる楽しい日々を過ごしている

↑クリックすると順位あがります♪